2010年03月16日

災害医療で「医師会JMAT」を提案−日医委員会(医療介護CBニュース)

 日本医師会の「救急災害医療対策委員会」(委員長=小林國男・帝京平成大教授)は、このほど取りまとめた報告書で、災害医療対策として都道府県医師会が郡市区医師会を単位として編成する災害医療チーム「JMAT(Japan Medical Association Team)」の創設を提案している。

 同委員会は、2008年7月に唐澤祥人会長から「救急災害医療における連携のあり方」「医師会の災害時医療救護対策」について検討するよう諮問され、小委員会2回を含む計10回の会合を重ねて報告書を取りまとめた。

 報告書によると、「医師会JMAT」は災害発生後、日医による都道府県医師会への要請に基づいて待機・出動する。災害発生直後から、災害派遣医療チームである「DMAT(Disaster Medical Assistance Team)」や被災地医師会との間で役割分担や連携を行いつつ、主に災害急性期の医療を担う。

 「医師会JMAT基本方針」によると、医師会JMATの構成は中小病院の勤務医・看護職員や診療所開業医師会員が中心。医師1人、看護職員1人を最小単位とし、都道府県医師会の判断で他のコメディカルや業務調整員を追加することが考えられるとした。また、短期間での交代を前提に編成する必要性を指摘している。
 さらに医師会JMATの主な活動内容として、▽現場トリアージ▽必要な医療物資の把握、送付要請▽避難所・臨時診療施設での医療▽被災地の医師会員の医療・介護継続への支援▽被災地医師会を中心とする現地対策本部への助言―などを示した。

 報告書ではまた、大規模災害で被災地の郡市区医師会の機能が停止し、医師会JMATとして対応できない場合でも、近隣の開業医師会員同士が自発的・組織的に避難所などに集合して災害医療活動に従事できる仕組みを、郡市区医師会が市町村と連携して構築することが必要としている。

 報告書ではこのほか、医療と消防の連携や、救急医療体制のあり方などについても言及。
 「救急救命士の業務の場所の拡大(提議)」では、▽救急隊(消防機関)の救急救命士が患者搬送先医療機関で「救急救命処置」を行う▽救急救命士(専門学校卒、大卒)が救急医療機関に就業し、院内で「救急救命処置」を行う―の2点について提議し、その論点を示している。


【関連記事】
「日本の医師にハイチの被災地医療の追体験を」―国際援助隊医療チームの畑医師ら
チーム医療で救命救急の課題解決を
救急業務と医療の連携を議論―消防庁
「マンクオリティー」で災害看護を
災害医療、薬の確保に課題

民主・平田参院国対委員長、菅副総理に「居眠りはだめよ」(産経新聞)
民主が近付いてきた…法案賛成で公明代表言明(読売新聞)
菅氏「鳩山政権は胸突き八丁」 支持率続落に危機感?(産経新聞)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
posted by 7edmnbydro at 22:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴(時事通信)

 千葉大生荻野友花里さん=当時(21)=殺害放火事件で逮捕された無職竪山辰美容疑者(49)について、千葉県警は9日、近く別の強盗致傷事件で再逮捕する方針を固めた。千葉地検は10日、荻野さんを殺害し部屋に火を付けたなどとして、強盗殺人などの罪で起訴する。
 捜査関係者によると、竪山容疑者は荻野さんの事件後の昨年10月下旬、同県内の病院駐車場で、20代の看護師女性の顔などを殴りけがをさせ、金品を奪おうとした疑いが持たれている。
 同容疑者の逮捕は6度目で、関与を認めているという。
 一方、荻野さんについて、竪山容疑者は「もみ合いになり刺してしまった」などと供述、殺意を否認している。しかし、地検は傷口の深さや形状などから殺意はあったと判断したとみられる。 

【関連ニュース】
タイでも指輪窃盗認める=「カジノで借金」と説明
郵便局強盗容疑で42歳男逮捕=女性客に刃物、200万円奪う
毛髪などの証拠紛失=ドラム缶遺体事件
牛丼店に強盗、18万奪う=容疑で香川大生逮捕
無罪判決に検察側控訴=大分強盗殺人

朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化−鳩山首相(時事通信)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
posted by 7edmnbydro at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)

 4日午後7時20分頃、鹿児島県南九州市知覧町、知覧中(375人)の2年生男子生徒(14)が、自宅倉庫で首をつっているのを家族が見つけ119番した。

 生徒は病院へ運ばれたが、死亡が確認された。南九州署は自殺とみている。遺書はこれまでのところ確認されていないが、この生徒が自殺する動機に心当たりがないかについて、同校が全校生徒を対象にアンケート調査したところ、いじめをうかがわせる記述が複数あり、同校が調査を始めた。

 同校によると、アンケート調査の結果、「金をせびられていたようだ」「別の生徒から靴をぬらされていた」といった回答が6件あった。1年生の時には生徒の紛失した生徒手帳がぬれた状態で机の中から見つかったという。柿野幸広校長は、「もし回答が本当なら明らかにいじめにあたる。調査を徹底したい」と話した。

原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故−横浜市(時事通信)
再び北教組の深い闇 「校長交渉」などあり得ない!(産経新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
全国から桜情報、正確さ競う民間の開花予想(読売新聞)
市章が逆…1年半そのまんま 藤沢市保健所の営業許可書(産経新聞)
posted by 7edmnbydro at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。